高濃度ルテイン配合【めなりサプリ】で視力復活!!

めなり

ルテイン高濃度配合ブル−ベリーサプリメント【めなり】

市販の目薬に視力回復効果は期待できません。
視力回復には、目のピント調節機能の劣化に直接働きかけるブルーべリーサプリメントの方がおすすめです。


 

PCやスマホの光ダメージによる
視力低下から目を守るルテインを

業界トップクラス12mg配合

眼精疲労を改善するビルベリー高濃度配合
購入者満足が高くリピート購入率が93.9%


通常1か月 3,980円(送料無料)

初回のみのお試し価格 907円(送料無料)

≫ルテインの配合量なら【めなり】≪

 

めなりを購入してみました

めなりを購入しようと思ったのは、やはり目の健康のためです。
毎日仕事でパソコンを長時間使うし、家に帰ってからもパソコンやスマホと、とにかく目を酷使している生活...
目がショボショボしたり充血したり、日常茶飯事です。

 

そろそろ何かしないとヤバいなぁ〜と思っていました。
そこで、いろいろ調べているうちに『めなり』にたどり着きました。
値段や口コミもしっかりチェックして、さっそく注文!

 

こちらが今日届いた『めなり』です。

 

メルヘンチックでとっても可愛いパッケージ♪

 

 

 

裏面までこだわっていますね〜☆

 

 

 

 

箱を開けてみました

めなりサプリの特徴

眼精疲労を改善できることから、ブルーベリーサプリが注目されていますが、多くのサプリがブルーベリーの配合量やブルーベリーよりアントシアニンが多く含まれているというブルーベリーの仲間であるビルベリーを配合していることで差別化をおこなっています。

 

しかし、めなりサプリは【ビルベリー】を配合している事はもちろんのこと、ルテインの量にこだわっています。

ルテインは、元々私たちの瞳の中に存在する成分ですが、加齢とともに減っていくものの、体では作り出すことができないため、摂取しなければ瞳の中のルテインを増やす事はできません。

 

しかも、ルテイン減少が、光ダメージによる視力低下をもたらすため、視力回復や視力低下の予防のためには必要な成分です。

 

そんなルテインをめなりサプリには業界でもトップクラスの量1粒に12mgも配合されています。

 

さらに、めなりの特徴として、ルテインと一緒に摂取することで、より光ダメージから目を守るとされている【ゼアキサンチン】を配合していることで、他のブルーベリーサプリより光ダメージによる視力低下から目を守ります。

 

さらに強い抗酸化力を持つ【クロセチン】【アスタキサンチン】が配合されています。
これらの抗酸化力が、加齢で老化していく目の細胞を活性化させることで、眼精疲労を改善し、目の血流を良くし白内障や緑内障など加齢に伴う眼病の予防にもなります。

 

このように、眼精疲労・視力回復・視力低下予防・眼病予防のための成分が多く含まれているのが

近視・遠視・老眼にも効果的めなりサプリ

近視は網膜より前に光の焦点が結ばれることでピントがぼける状態のことです。

 

現時点で、近視の治療はMIT式トレーニングや点眼がありますが、近視手術レーシックほどの効果は得られていません。
しかし、ブルーベリーを3ヶ月食べ続けたことで7割の方に視力回復があったという実験結果は不安を伴うレーシックに比べると安全で効果的な視力回復方法だと言えます。
特に子供の頃から目を悪くしている現代の子供たちにとって、ブルーベリーという天然食品で視力が回復できるということは親にとっても喜ばしいことですね。

遠視とは網膜より後ろに光の焦点が結ばれることでピントがぼける状態のことです。
遠視と聞くと遠くは見えるけど近くは見えないという印象ですが、実は遠視のピントが合う距離は2メートル〜3メートルの範囲内です。

 

遠視の人は近視の人より無理に視点を合わせようとするため、眼精疲労が強く出ますので、ブルーベリーには眼精疲労の症状を抑える効果もあります。

 

実験では3ヶ月ブルーベリーを食べ続けたことでほぼ視力が改善する結果が出ています。
特に眼精疲労の方が極端に減ったということは、うれしい改善結果ですね。

 

目の疲れが出やすい遠視の人にほどブルーベリーは毎日食べたい食品です。

 

老眼は誰にもいづれくる視力低下の症状です。
主に40代から老眼が始まる人が多いといいます。

 

昔、近視は老眼にならないなんて言ったもので、私、老眼にならないんだ。。老眼より近視の方がましだ
なんて、若かりしき時は思ったものですが、近視でも老眼になります。
ただ、近視の人が老眼になると、裸眼の方がましだったりするので、そのような言い方をしていたようです。

 

老眼も同様にブルーベリーの効果は高いとされています。
ただ、老眼になると白内障を併発し視力が低下している場合もあるので、そのケースを抜くと考えます。
40代・50代ならば、まだまだ白内障を発症する人は少ないですから、今の時点でアントシアニンとルテインが豊富に配合されているめなりサプリを服用しておくなど予防対策をしておけば、老眼を先送りできる可能性が高まります。

 

めなりサプリの眼精疲労改善の効果

ブルーベリーアントシアニンが豊富に含まれているフルーツですが、このアントシアニンが目に良い効果をもたらすため、ブルーベリーは目によいフルーツと言われています。めなりサプリメントはブルーベリーの効能をギュット詰め込んだブルーベリーサプリです。

 

めなりに含まれる

このアントシアニンはポリフェノールの一種で強い「抗酸化作用」があります。
抗酸化作用とは、体内で発生する活性酸素を抑制する効果のことを言います。

 

この活性酸素、様々な臓器や肌を劣化させます。
例えばですが最悪の劣化が癌細胞となります。

 

目に特化して言えば目は紫外線の影響や強い光の影響によりストレスを受ける部分です。
ストレスを受けた部分は活性酸素が発生するため、目の劣化が起こります。

 

目の劣化の症状として、視力低下・老眼・白内障・緑内障などがあります。
そこで、アントシアニンを摂取することで、目がストレスを受けた時に発生する活性酸素を抑制することが期待できるのです。

 

もう一つアントシアニンには目に有効な物質を含んでいます。
私たちは、目から入ってきた情報を視覚情報として脳に伝えることで脳が認識し物が見えるという仕組みになっています。
その視覚情報を電気信号として脳に伝える物質にロドプシンが必要となります。
ロドプシンは目から光が入るたびに消費され脳への伝達物質に変化するのですが、再び合成されまた光の刺激を受けると脳に伝達するを繰り返す物質です。
ところが目を酷使するとロドプシンの再合成が間に合わなくなり、視点があわなくなりぼやけて見える眼精疲労の状態に陥ります。
そんなロドプシンの再合成を助けるのがアントシアニンです。
しかも、うれしい事にアントシアニンのロドプシンへの影響力は摂取後4時間で効果を発揮しだします。

 

ブルーベリーを直接食べることも効果的ですが、アントシアニンは体内に蓄積時間は24時間、毎日継続して摂取する必要があるため、摂取しやすいめなりサプリが人気なのです。
特に毎日ブルーベリーを食べるとなると、日本の食事でお菓子以外にブルーベリーを使うことがなく、なかなか難しいかもしれませんが、めなりサプリなら1日2粒でOKなので続けやすいですよね

めなりサプリがブルーライトから目を守る

スマートフォンやパソコンなどの画面から発せられる光は蛍光灯に負けず劣らず明るいですよね。

しかし、蛍光灯ならば照らしている状態ですが、スマホやPCの画面を見るということはその光を目に浴びている状態です。

 

しかも、スマホやPCの光は蛍光灯と違い、ブルーライトと言って、紫外線の次に刺激性エネルギーが強い光が使われています。

 

だから、長時間および画面を見続けることは非常に目に負荷を与えることになります。
特にスマホはPCよりも近くで画面を見ることになりますから、目へのダメージは激しいものと考えられます。

 

しかもブルーライトは網膜まで届く光なのので、老眼の原因になっていると言われています。
だから、最近話題ですよねスマホ老眼、10代でも老眼になってしまう原因はまさにブルーライトの強い刺激によるものです。

 

そこで、目を守る様々な物が注目を浴びるようになりました。
例えば、ブルーライトを遮断する専用の眼鏡。
IT企業では、備品として配布されるというくらいですから、その効果は絶大でしょう。

 

そして、同じくらい今注目されているのがブルーベリーサプリメントの1つであるめなりサプリなんです。
アントシアニンが目の疲労の原因に直接働きかけることでぼやけて見える状態やかすんで見える状態を解消します。

 

目を酷使してしまう今の環境を眼鏡でブルーライトを除去、ブルーベリーで目の補強Wの効果でいたわることで目の劣化を防ぎましょう。

めなりサプリに多く含まれるルテインの効果

 

ルテインが目に良いらしいというのは、よく耳にするのですが、ルテインって何でしょうか?
そしてルテインは、どのように目に良いのでしょうか?ルテインはマリーゴールドなどから多く摂取される成分で、オレンジ色の色素の素となるカロテノイドという成分です。

 

人間のからだの中では目の中の網膜の中の黄斑部や水晶体に多く存在しています。
ルテインには強い抗酸化作用があり、紫外線やブルーライトなどの強い刺激から目を守って良好な視界を保つ役割をしています。特に白内障や黄斑変性などの目のトラブルは加齢や紫外線が原因となって引き起こされる眼性疾患であり、ルテインによって発症を予防したり症状を緩和することができるとされています。

 

本来ルテインは人間のからだで生成できますが、年齢と共に減少し、70代になると20代の約3分の1まで減少してしまうのです。そのため、食事やサプリメントで補充していくことが必要になります。特に紫外線を長く浴びたり、ブルーライトの影響を受ける環境にある人はルテインが消費されやすいため、積極的にルテインを摂取する必要があります。

めなりサプリに含まれるクロセチンの目への効果

目に良い食品として有名なのはブルーベリーに含まれるアントシアニンですが、最近クロセチンという物質が目に良いとして注目されています。

 

クロセチンとは、クチナシの実やサフランなどに含まれる黄色の天然色素のことです。
このクロセチン、眼精疲労に効果的とされています。

 

それは、眼精疲労がピントを合わせようと目の筋肉が頑張り過ぎていることから起こることで結果的に目の周りの血流が悪くなってくることで、ショボショボした感じや目の奥の痛みなどの目の疲労として症状が現れるのが眼精疲労だからです。

 

クロセチンは目の周りの筋肉である毛様体のコリをほぐしたり、血液の流れをスムーズにする効果があります。
よって、眼精疲労を軽減する効果がると期待されているのです。

 

さらに、最近問題になっているブルーライトの影響によるスマホ老眼ですが、クロセチンには、ブルーライトから網膜を保護することで、眼病の予防効果があるとされています。

 

クロセチンはアントシアニンと一緒に取ると相乗効果があるとされているので、めなりサプリにも多く含まれています。

めなりサプリ関連

 

私は、パソコンからタブレットに切り替えてから確実に視力が低下していると感じています。
年齢的な事もあるかもしれませんが、やはりネットサーフィンだったり、アンケートに答えたりするためにずっと画面を見ていると、パッと遠くを見たりするとピントが合わない、なかなかピントが合わない、涙目になる、勝手に涙が出る、など通常ではおこらないような事があります。
以前は視力検査で両目共に1,5だったのに、先日の自動車の免許の更新の際視力検査をすると
両目ともが1,0がギリギリ見えるくらいに弱っていました。
視力低下で良い事は何ひとつ無いと思っています。眼鏡、コンタクト、眼科医ととにかくお金がかかる事ばかりです。
私の子供も鼻の手術をしてから 左目だけが乱視になり、苦労しています。(手術の際に目の神経が傷付いたため)
コンタクトを購入するために眼科医、コンタクトが合わなくてまた眼科医、眼鏡を作るにも何度も通い、時間とお金がかかりました。
私は視力がわるくてもコンタクトは使用したくありません。

 

 

はっきり言えることは、昔よりITの使用が増えた現代社会では、目の酷使による目の老化が昔とは比べものにならないということです。
目の酷使により消費されるのは目の周りの筋肉だけでなく、目に存在するルテインの消費はブルライトが目に入ってくる限り激しいことになります。
めなりサプリのようなブルーベリーサプリのブルーベリー成分やアントシアニンの成分やルテインの成分を多く含むサプリがサラリーマンのバックに入っていることが多くなっているんですね。

 

私は昔からブルーベリーに目がなく、生のブルーベリー・乾燥ブルーベリー・ブルーベリークッキー・ブルーベリーアイス・ブルーベリーキャンデイーと様々なブルーベリーにトライしてきました。
特にOL時代にはバックの中に何等かのブルーベリーをしのばせていたものです。
会社では、昼食にブルーベリージャムがたっぷり入ったブルーベリーパンやブルーベリークリームのサンドイッチとブラックのコーヒーを飲むことが多かったです。

 

 

メガネやコンタクトレンズなしで生活できたらどんなにいいだろうといつも思います。裸眼の方が本当に羨ましいです。
視力が低下するとまずお金がかかります。半端なくかかります。
どのコンタクトレンズを選ぶかにもよりますが、ワンデイタイプだと一日あたり200円!一年で73000円!!
10年ほどワンデイタイプを使用していたのでかかった金額は73万!!!安いものなら軽自動車が買えてまう値段です。
どこかの地域で災害が起こるといつも心配なのがこの目のことです。
もし地震が、メガネやコンタクトレンズなしでは生活できない自分の身に起こったらと思うと気が気ではないのです。
就寝時地震が起こりメガネが割れてしまったら・・、コンタクトレンズ洗浄液や保存液が災害物資として届けられるのだろうか・・。
視力が悪い人間にとっては食料や水と同じくらい切実な問題です。
最後にコンタクトレンズ使用者あるあるですが、仕事や家事で疲れ果て、「もう今すぐに寝たい!ベットに飛び込みたい!」というときに、「ああ?!!コンタクトレンズを外さなきゃ・・」となるのがつらいところです。

 

中学生の時からド近眼です。裸眼視力は0.1以下です、視力検査の一番上の記号が指定の線より一歩、または2歩前に出てやっと分かるレベルです。
眼鏡、コンタクトが無いと怖くて行動できません。
毎日使い捨てのコンタクトを使っているのでコンタクト代もかかります。
また、長時間コンタクトをつけていると目が乾くので不便です。
自宅では眼鏡を使用していますが、外出時はやはり見た目が気になるのでコンタクトを使用してしまいます。
37歳の今は年々視力が落ちていくという感じはしませんが、年々乱視が入ってきました。
趣味でソーイングを楽しんでいるのですが、夜なんかはぼやけて糸が見えません。
特に黒糸!見にくいです。老眼かと思って眼下に行ったら乱視と言われました。
コンタクト、眼鏡を使用していてもぼやけて見にくいので不安です。
細かい手作業が好きなのでとても悲しいです。
レーシック手術も検討したことがありますが、なんだか怖くて勇気がないのでまだしていません。
パソコン使用の合間に遠くを見たり、目を回す体操をしてみたり、ホットアイマスクで温めてみたり、目薬を頻繁にさしてはいるのですが、そんな程度では気休めでなかなか視力は改善しませんね。
レーシック手術の安全性がもう少し高まったら挑戦してみたいです。

 


 

姉妹サイトはこちら

http://xn--r8j2b9b9cn0e.xyz/
http://xn--vck8crc1843byfj.xyz/