高濃度ルテイン配合【めなりサプリ】で視力復活!!

めなり

ルテイン高濃度配合ブル−ベリーサプリメント【めなり】

市販の目薬に視力回復効果は期待できません。
視力回復には、目のピント調節機能の劣化に直接働きかけるブルーべリーサプリメントの方がおすすめです。


 

PCやスマホの光ダメージによる
視力低下から目を守るルテインを

業界トップクラス12mg配合

眼精疲労を改善するビルベリー高濃度配合
購入者満足が高くリピート購入率が93.9%


通常1か月 3,980円(送料無料)

初回のみのお試し価格 907円(送料無料)

≫ルテインの配合量なら【めなり】≪

 

めなりを購入してみました

さくらの森のめなりを購入しようと思ったのは、やはり目の健康のためです。
毎日仕事でパソコンを長時間使うし、家に帰ってからもパソコンやスマホと、とにかく目を酷使している生活...
目がショボショボしたり充血したり、日常茶飯事です。

 

そろそろ何かしないとヤバいなぁ〜と思っていました。
そこで、いろいろ調べているうちに『めなり』にたどり着きました。
値段や口コミもしっかりチェックして、さっそく注文!

 

こちらが今日届いた『めなり』です。

 

メルヘンチックでとっても可愛いパッケージ♪

 

 

 

裏面までこだわっていますね〜☆

 

 

 

 

箱を開けてみました

めなりサプリの特徴

眼精疲労を改善できることから、ブルーベリーサプリが注目されていますが、多くのサプリがブルーベリーの配合量やブルーベリーよりアントシアニンが多く含まれているというブルーベリーの仲間であるビルベリーを配合して差別化をおこなっています。

 

しかし、さくらの森のめなりサプリは【ビルベリー】を配合している事はもちろんルテインの量にこだわっています。

ルテインは、元々私たちの瞳の中に存在する成分ですが、加齢とともに減っていくものの、体では作り出すことができないため、摂取しなければ瞳の中のルテインを増やす事はできません。

 

しかも、ルテイン減少が、光ダメージによる視力低下をもたらすため、視力回復や視力低下の予防のためには必要な成分です。

 

そんなルテインをめなりサプリには業界でもトップクラスの量1粒に12mgも配合されています。

 

さらに、さくらの森のめなりの特徴として、ルテインと一緒に摂取すると、より光ダメージから目を守るとされている【ゼアキサンチン】を配合していので、他のブルーベリーサプリより光ダメージによる視力低下から目を守ります。

 

さらに強い抗酸化力を持つ【クロセチン】【アスタキサンチン】が配合されています。
これらの抗酸化力が、加齢で老化していく目の細胞を活性化させるので、眼精疲労を改善し、目の血流を良くし白内障や緑内障など加齢に伴う眼病の予防にもなります。

 

このように、眼精疲労・視力回復・視力低下予防・眼病予防のための成分が多く含まれているのが

 

さくらの森が販売しているサプリメントめなりは視界超クリアを目指す高スペックサプリメントです。

 

めなりに副作用はあるのか?

サプリメントは栄養補助食品であるため、医薬品のような副作用というものは一般的にありません。

 

さくらの森のめなりに使用されている成分をみると、自然の原料ばかりであることがわかるでしょう。
たとえば、有効性分のアントシアニンはブルーベリーの青色成分であり、めなりの場合は北欧産のビルベリー品種を原料としています。
また、ルテインにはマリーゴールドから生成した天然のものを100%使用しています。
さらにはオキアミから抽出されているアスタキサンチン、クチナシの花から抽出されるカロテノイドの一種クロセチンなど、品質にもこだわって作られているものばかりです。

 

過剰摂取を起こすとはほとんどないと考えられますが、βカロテンやルテインの推奨摂取量が決まっているため、1日140mgの上限値という計算になります。
これをさくらの森のめなりに換算すると飲みきれないほどの量になるので、一般的には問題ないのではないのでしょうか?

近視・遠視・老眼にも効果的めなりサプリ

近視は網膜より前に光の焦点が結ばれピントがぼやける状態のことです。

 

現時点で、近視の治療はMIT式トレーニングや点眼がありますが、近視手術レーシックほどの効果は得られていません。
しかし、ブルーベリーを3ヶ月食べ続けたことで7割の方に視力回復があったという実験結果は不安を伴うレーシックに比べると安全で効果的な視力回復方法だと言えます。
特に子供の頃から目を悪くしている現代の子供たちにとって、ブルーベリーという天然食品で視力が回復できるということは親にとっても喜ばしいですね。

遠視とは網膜より後ろに光の焦点が結ばれピントがぼける状態のです。
遠視と聞くと遠くは見えるけど近くは見えないという印象ですが、実は遠視のピントが合う距離は2メートル〜3メートルの範囲内です。

 

遠視の人は近視の人より無理に視点を合わせようとするので、眼精疲労が強く出ますので、ブルーベリーには眼精疲労の症状を抑える効果もあります。

 

実験では3ヶ月ブルーベリーを食べ続けてほぼ視力が改善する結果が出ています。
特に眼精疲労の方が極端に減ったのは、うれしい改善結果ですね。

 

目の疲れが出やすい遠視の人にほどブルーベリーは毎日食べたい食品です。

 

老眼は誰にもいづれくる視力低下の症状です。
主に40代から老眼が始まる人が多いといいます。

 

昔、近視は老眼にならないなんて言ったもので、私、老眼にならないんだ。。老眼より近視の方がましだ
なんて、若かりしき時は思ったものですが、近視でも老眼になります。
ただ、近視の人が老眼になると、裸眼の方がましだったりするので、そのような言い方をしていたようです。

 

老眼も同様にブルーベリーの効果は高いとされています。
ただ、老眼になると白内障を併発し視力が低下している場合もあるので、そのケースを抜くと考えます。

 

近視・遠視・老眼のすべての予防の期待が持てるのがブルーベリーなのですが、生のブルーベリーは夏しか食べられません。
冷凍となると国産でなく、中国産が多いのが事実です。
無理にブルーベリーを食べなくても、ブルーベリーよりもすぐれたさくらの森のめなりサプリがあるので代用するのもいいかもしれません。

 

特に40代・50代ならば、まだまだ白内障を発症する人は少ないですから、今の時点でアントシアニンとルテインが豊富に配合されているさくらの森のめなりサプリを服用しておくなど予防対策をしておけば、老眼を先送りできる可能性が高まります。

 

めなりサプリの眼精疲労改善の効果

ブルーベリーはアントシアニンが豊富に含まれているフルーツですが、このアントシアニンが目に良い効果をもたらすので、ブルーベリーは目によいフルーツと言われています。
さくらの森のサプリメントはブルーベリーの効能をギュット詰め込んだブルーベリーサプリです。

 

さくらの森のめなりに含まれる

このアントシアニンはポリフェノールの一種で強い「抗酸化作用」があります。
抗酸化作用とは、体内で発生する活性酸素を抑制する効果です。

 

この活性酸素、様々な臓器や肌を劣化させます。
例えばですが最悪の劣化が癌細胞となります。

 

目に特化して言えば目は紫外線の影響や強い光の影響によりストレスを受ける部分です。
ストレスを受けた部分は活性酸素が発生すると目の劣化が起こります。

 

目の劣化の症状として、視力低下・老眼・白内障・緑内障などがあります。
そこで、アントシアニンを摂取するので、目がストレスを受けた時に発生する活性酸素を抑制する期待できるのです。
日々劣化する目を疲労から回復するものとして毎日めなりサプリを服用するのは有効です。

 

もう一つアントシアニンには目に有効な物質を含んでいます。
私たちは、目から入ってきた情報を視覚情報として脳に伝え脳が認識し物が見えるという仕組みになっています。
その視覚情報を電気信号として脳に伝える物質にロドプシンが必要となります。

 

ロドプシンは目から光が入るたびに消費され脳への伝達物質に変化するのですが、再び合成されまた光の刺激を受けると脳に伝達するを繰り返す物質です。
ところが目を酷使するとロドプシンの再合成が間に合わなくなり、視点があわなくなりぼやけて見える眼精疲労の状態に陥ります。
そんなロドプシンの再合成を助けるのがアントシアニンです。
しかも、うれしい事にアントシアニンのロドプシンへの影響力は摂取後4時間で効果を発揮しだします。

 

ブルーベリーを直接食べると効果的ですが、アントシアニンは体内に蓄積時間は24時間、毎日継続して摂取する必要があります。
摂取しやすいめなりサプリが人気なのです。

特に毎日ブルーベリーを食べるとなると、日本の食事でお菓子以外にブルーベリーを使う習慣がなく、なかなか難しいかもしれませんが、めなりサプリなら1日2粒でOKなので続けやすいですよね

めなりサプリがブルーライトから目を守る

スマートフォンやパソコンなどの画面から発せられる光は蛍光灯に負けず劣らず明るいですよね。

しかし、蛍光灯ならば照らしている状態ですが、スマホやPCの画面を見るとはその光を目に浴びている状態です。

 

しかも、スマホやPCの光は蛍光灯と違い、ブルーライトと言って、紫外線の次に刺激性エネルギーが強い光が使われています。

 

だから、長時間および画面を見続けることは非常に目に負荷を与えます。
特にスマホはPCよりも近くで画面を見るので、目へのダメージは激しいものと考えられます。

 

しかもブルーライトは網膜まで届く光なので、老眼の原因になっていると言われています。
だから、最近話題ですよねスマホ老眼、10代でも老眼になってしまう原因はまさにブルーライトの強い刺激によるものです。

 

そこで、目を守る様々な物が注目を浴びるようになりました。
例えば、ブルーライトを遮断する専用の眼鏡。
IT企業では、備品として配布されるというくらいですから、その効果は絶大でしょう。

 

そして、同じくらい今注目されているのがブルーベリーサプリメントの1つである、さくらの森のめなりサプリなんです。
アントシアニンが目の疲労の原因に直接働きかけるのでぼやけて見える状態やかすんで見える状態を解消します。

 

目を酷使してしまう今の環境を眼鏡でブルーライトを除去、ブルーベリーで目の補強Wの効果でいたわり目の劣化を防ぎましょう。

 

さくらの森のめなりサプリに多く含まれるルテインの効果

 

ルテインが目に良いらしいとは、よく耳にするのですが、ルテインって何でしょうか?
そしてルテインは、どのように目に良いのでしょうか?

 

ルテインはマリーゴールドなどから多く摂取される成分で、オレンジ色の色素の素となるカロテノイドという成分です。

 

人間のからだの中では目の中の網膜の中の黄斑部や水晶体に多く存在しています。
ルテインには強い抗酸化作用があり、紫外線やブルーライトなどの強い刺激から目を守って良好な視界を保つ役割をしています
特に白内障や黄斑変性などの目のトラブルは加齢や紫外線が原因となって引き起こされる眼性疾患であり、ルテインによって発症を予防したり症状を緩和できます。

 

本来ルテインは人間のからだで生成できますが、年齢と共に減少し、70代になると20代の約3分の1まで減少してしまうのです。そのため、食事やサプリメントで補充していく必要になります。
特に紫外線を長く浴びたり、ブルーライトの影響を受ける環境にある人はルテインが消費されやすいため、積極的にルテインを摂取する必要があります。

 

さくらの森のめなりサプリ他のサプリよりルテインが豊富に含まれているので今、非常に人気があるサプリメントです。

めなりサプリに含まれるクロセチンの目への効果

目に良い食品としてクロセチンという物質が注目されています。

 

クロセチンとは、クチナシの実やサフランなどに含まれる黄色の天然色素です。
このクロセチン、眼精疲労に効果的とされています。

 

それは、眼精疲労がピントを合わせようと目の筋肉が頑張り過ぎていることから起こることで結果的に目の周りの血流が悪くなってくることで、ショボショボした感じや目の奥の痛みなどの目の疲労として症状が現れるのが眼精疲労だからです。

 

クロセチンは目の周りの筋肉である毛様体のコリをほぐしたり、血液の流れをスムーズにする効果があります。
よって、眼精疲労を軽減する効果がると期待されているのです。

 

さらに、最近問題になっているブルーライトの影響によるスマホ老眼ですが、クロセチンには、ブルーライトから網膜を保護することで、眼病の予防効果があるとされています。

 

クロセチンはアントシアニンと一緒に取ると相乗効果があるとされているので、さくらの森のめなりサプリにも多く含まれています。

飛蚊症にめなりサプリが効果的な理由

太陽の下や白い壁など、明るい場所にいるときに小さいホコリや虫のようなものがフワフワ、チラチラと動いているように見える飛蚊症。若い人にも起こる症状ですが、年齢を重ねるごとに視界をじゃまする機会が増えていくこともあります。

 

飛蚊症は治らないといわれていますが、最近、飛蚊症にはルテインやアントシアニンなどの成分が効果的だという話をよく耳にするようになりました。

 

これらの成分を豊富に含んでいるのが、めなりサプリです。飛蚊症の原因は目の奥にある硝子体の成分が酸化することが原因といます。めなりサプリに配合されているマリーゴールド由来の天然ルテインは強い抗酸化作用を持つ成分なので、積極的に摂取することで酸化予防にはたらきかけます。

 

また、めなりサプリには、眼性疲労に効果を示すアントシアニンやゼアキサンチンも配合されているほか、ルテインの吸収力を高めるビルベリーも配合されているので、より効果的に目の機能をサポートするパワーを示すことができるのです。

めなりに含まれるポリフェノールの抗酸化作用が目を健康にする

めなりサプリと聞くと目のためだけに飲むサプリメントと思っている人が多いようですが、めなりサプリは目だけではなく、体ずべてのアンチエイジング効果が期待できるサプリです。

 

健康維持に抗酸化はかかせません。
なぜなら、酸化=劣化→老化だからです。

 

私たちは生まれてから死ぬまで、酸素を吸い続けてるので、体は確実に酸化し老化現象が起こります。
その酸化から守ってくれる働きがあるということで、ポリフェノールなどの抗酸化作用をもつ成分を積極的に摂取した方が肌も臓器も若々しくいられるのです。
めなりサプリはポリフェノールを豊富に含むサプリですので、めなりサプリを飲むのは若返りの効果も期待できます。

 

もちろん酸化は目にも起こります。
目に起こる酸化は、目の周りのピント調節を行う筋肉の劣化です。
この筋肉が劣化=老化することでピントが合わせることが難しくなり、近視・遠視・老眼など視力の低下がおこるのでめなりサプリは良いのです。

 

又、水晶体自体の劣化が白内障や眼圧の低下が緑内障などの眼病をもたらします。

 

そこで、抗酸化成分を摂取することが望ましいのですが、ブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種であるアントシアニンは、抗酸化だけでなく網膜にとって大切なロドプシンというたんぱく質の再合成を助けることで網膜の視細胞の再生効果があるとされています。
これにより、暗がりでは見えにくくなるなどの視力低下を改善します。

 

また、めなりサプリに含まれるポリフェノールには、血管の劣化を抑制し血流を促進するため、アンチエイジング効果が高いサプリになります。
もちろん、眼精疲労の軽減にもつながります。

 

 

めなりはいつ飲むのがベスト?

 

病院や薬局で手にした薬には服用する時間が指定されていますが、サプリメントである、めなりはいつ飲めばいいのか決まりはありません。

 

ただ、めなりの効果を考えると、目を休める時間を長くとることができる就寝前や夜より、視界をクリアにしたいと思う機会が多い朝から昼間頃に飲む方が、その効果を実感できます。

 

また、サプリメントは栄養補助食品なので、いかに効果的にその有効性分をからだに吸収することができるかが大切です。
人間のからだの性質を考えると、食後にいの消化吸収がアップするため、そのタイミングに合わせて飲むのがお勧めだと考えられます。

 

めなりの服用用量は1日2粒が標準目安とされています。
もしも目を駆使するような生活をしている人でもめなりは1日6粒が上限とされています。
めなりは、ぬるま湯かお水と一緒に飲むようにし、トラブルや体調不良を避けるためにも容量は守るようにしましょうね。

めなりサプリ関連

 

私は、パソコンからタブレットに切り替えてから確実に視力が低下を感じています。
年齢的な原因もある中、やはりネットサーフィンでずっと画面を見ていると、パッと遠くを見たりするとピントが合わない、
なかなかピントが合わない、勝手に涙が出る、など通常ではおこらないような症状が出ます。

 

以前は視力検査でに1,5だったのに、先日の自動車の免許の更新の際視力検査をすると1,0がギリギリ見えるくらいに弱っています。
眼鏡、コンタクト、眼科医ととにかくお金がかかる事ばかりです。
コンタクトを購入するので眼科医、コンタクトが合わなくてまた眼科医、眼鏡を作るにも何度も通い、時間とお金がかかります。


 

昔よりITの使用が増えた現代社会では、目の酷使による視力の低下が昔とは比べものにならないです。
見過ぎより消費されるのは目の周りの筋肉だけでなく、目に存在するルテインの消費はブル-ライトのせいで激しくなります。
だからでしょうか?めなりサプリのようなブルーベリーサプリのブルーベリー成分やアントシアニンの成分やルテインの成分を多く含むサプリがサラリーマンのバックに入っている傾向があります。


私は昔からブルーベリーが好きで、生・乾燥・クッキー・アイス・キャンデイーと様々なブルーベリーを食べました。
乾燥タイプはカリウムも豊富でむくみ取りになるのでおすすめです。
特にOL時代にはバックの中に何等かのブルーベリーを忍ばせていたものです。
会社では、昼食にブルーベリージャムがたっぷり入ったパンやサンドイッチとブラックのコーヒーを飲みます。
ちなみにカシスも好きです。カシスもベリーの仲間なのでアントシアニンが豊富なんですよね。
おかげで視力は維持できています。
あと豆知識なんですが、葉酸サプリ不味いでしょ、妊婦の方で葉酸とらないといけないと思いつつ、マズクて無理という方もいるようですが、
なんとブルーベリーは葉酸や鉄分や亜鉛が豊富なんで代用できますよ。

 

 

 

 


私の場合、年齢的に老眼が始まりかけているようです。
子供の頃から視力は元々良い方です。若い頃から眼が悪くなりやすい業務についていたのですが、全く眼が悪くなる事はありません。
ですが、出産を機に視力がよいままだと、老眼がくるのが早いとい噂から、視力を落とす努力をしました。

 

実際にはこの方法は、余り良い方法ではないのですが、視力が私よりも良い5歳若い知り合いが、老眼が始まっているので、この方法を取ってます。
乱視も入りつつありますが、老眼のペースは遅く、今も裸眼で色々な物が見えています。

 

とは言っても、酷使するのは眼のみならず、身体にも良くないので、入浴をするときは、目を閉じて入浴、ホットタオルで保湿と保温を心掛けてます。
また、入浴後には眼の周りを軽くマッサージするのが日課です。
最近では、風呂上りにクランベリージュースを飲むようにしました。
ベリー系はアントシアニンたくさん入っているので、エイジング効果も兼ねてです。

 

両眼の間の窪みは圧迫、眼の周りは指で軽く叩くようなマッサージです。
眼を瞑ってパッと開けたりを繰り返すような運動をします。
努力が実り、離れた位置で見え辛い文字を読み、老眼鏡を使わなくて良いです。

 


 

目が疲れるスマホ。でもやめられない・・・。そこでブルーレイカットの眼鏡を購入。
ちょっとブラウンカラーのレンズでなんだかお洒落じゃなくて嫌だったのでリーズナブルな物を購入。
眼鏡をかけている時には効果が分からないのですが、眼鏡に慣れているので眼鏡をかけずにスマホを長時間使用後の疲労感、ぼやけ感が半端なく、
ブルーレイカット眼鏡は目の疲労がかなり軽減されるんだなぁと実感です。

 

今では無くてはならない存在です。また、疲れ目によさそうなちょっとお高めの目薬も愛用中です。
こまめに点眼、ブルーレイカット眼鏡ほど効果は実感できていません。

 

スマホの画面が明るすぎるのはよくないと聞いて、適度な明るさに心掛けています。明るい画面で見ていた時より疲れが減っています。
あとは、遠くを見ます。

 

私はかなり前から重度の近視なのですが、スマホをするようになってからさらに視力が落たんです。
今はこれ以上視力が落ちないようスマホのゲームを極力控えています。

 

スマホを見つめることのリスクははブルーライト。
だから、ブルーライトをカットする眼鏡をかけています。
光源をなるべく暗く設定。これで直接のダメージにはある程度効果があると感じています。ちょっと楽、という感覚です。
それだけではなくとにかく電磁波が強いので、カラダにストレスが加わり肩や首が凝るんです。必ず半日ぐらいは見ない時間をつくり、ストレッチで凝りをほぐす習慣を持っています。
あと太陽光を木の下で木の葉を見つめます。これはメカニズムははっきりわからなけど、周波数が良いのか楽になります。

 

携帯を頻繁に使うようになってから肩こりが悪化…しょぼしょぼします。
視力はいい方でまだ老眼も出ないだろうと思っていたのですが、この症状は巷で噂の「スマホ老眼」か?!と思っています。
眼精疲労からくる肩こり解消の運動を実践するけれど元々運動やらは苦手。

 

そんなある日、100円均一の「ブルーライト軽減メガネ」を勧められ、リーズナブルで近所にも売ってあるので、早速購入、使用開始。
使っているという安心感もあってか、スマホ画面の眩しさも抑えらるように感じます。
スマホを使う時間にもメリハリが付き、今ではスマホ、タブレット、DVD鑑賞時などにも愛用中です。

 

それと、濃ーいブルーベリーのど飴を食べています。
この飴にはビタミンAやビオチンなどもとれるのでいいですよ。

 

 

 

 

血管が劣化すると眼圧が上がり緑内障を発症し、失明するので、悪玉コレステロールを減らす乳酸菌を積極的に摂取する人が増えています。
乳酸菌と視力、意外なところで関連しているのですね。

 

同じような理由で、血液をサラサラにするのが緑内障の予防になるのでepa・

 

 

 

 


更新履歴